Hatena::Grouphakase

Pauca sed matura (ysttの日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-11

博士は「ハカセ」? それとも「ハクシ」?

| 20:26 | 博士は「ハカセ」? それとも「ハクシ」? - Pauca sed matura (ysttの日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 博士は「ハカセ」? それとも「ハクシ」? - Pauca sed matura (ysttの日記) 博士は「ハカセ」? それとも「ハクシ」? - Pauca sed matura (ysttの日記) のブックマークコメント

というわけで「博士」の読み方なのですが、どうやら結構気になる人がいるみたいで、Googleに「はかせ はくし」と入力して検索してみると、質問サイトでのやりとりがいくつか引っかかります。

で、結論から言うと、学位の「博士」は「ハクシ」で、そうでない「博士」(?)は「ハカセ」と呼ぶようです(ちょっと乱暴な分類かもしれませんが)。

「博士」を「ハクシ」と呼ぶようになったのは1887年(明治20年)に学位令が出されてからで、このとき設けられた法学、医学、工学、文学、理学、5つの博士を「ハクシ」と呼んだのが始まりのようです。

じゃあ博士(ハカセ)は何だというと、これは明治より前の官職にあった「陰陽博士」や「天文博士」、「文章博士」などの「博士」が「ハカセ」という呼称だったようです。


明治生まれの数学者である高木貞治のエッセイになかなか興味深いことが書いてありました。

 ついでながら,明治19年の改革に関連して,学位令が発布されて,法医工文理の5科5人ずつの博士ができたが,それでは治まらなかったと見えて,1ヶ月ほどの後に,さらに5人ずつ,結局全部で50人の博士が出来た.なお,学科別なしの大博士というものが制度上にはあったけれども,これにはなった人がなくて終わった.谷中墓地に大博士佐藤何がしの大きな碑がある(あるいは,あった)が,あれは明治初年のもので,むしろ昔の文章博士,天文博士の系統を引いたものであろう.

 文章博士・天文博士などとの混同を嫌って,学位令の博士はハクシと訓ませたのである.しかし西洋帰りのハクシが持って帰ったM. A.やDr.もその前身をファウスト時代までさかのぼれば、文章・天文の博士とあまり変わらなかったのだから,些細な差別には頓着しないで,博士はやっぱりハカセという大衆がむしろ賢明であるまいか.


「明治の先生がた」(『数学の自由性 (ちくま学芸文庫)』 pp. 295-296)

うーん、なるほど。そういえば近代科学の創始者ニュートンは「最後の錬金術師」(by ケインズ)なんて呼ばれてましたね。