Hatena::Grouphakase

Pauca sed matura (ysttの日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-22

予算と研究成果の関係

| 20:50 | 予算と研究成果の関係 - Pauca sed matura (ysttの日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 予算と研究成果の関係 - Pauca sed matura (ysttの日記) 予算と研究成果の関係 - Pauca sed matura (ysttの日記) のブックマークコメント

事業仕分けが話題となっている昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。事業仕分けについては科研費学振がその対象に含まれていただけに、12月の本予算決定まで気が気ではないという人も多いのではないかと思います(私もその一人ですが……)。前回のエントリーに書いたように、競争的研究資金の重複や、過度の集中を見直すことには何の反対もないどころか是非やっていただきたいと思っているのですが、必要な予算まで削られてしまってはたまったものではありません。もちろんなにを持って「必要」とするのかはなかなか難しい問題だとは思いますが、予算に対する成果を一つの基準にして、予算が有効に機能しているかどうかを調べることはできそうです。ということで、簡単ながら予算と研究成果の関係を調べてみました。


科研費論文数の関係

まずはこちらのグラフから。

f:id:ystt:20091122193235j:image

横軸は2004年から2009年までの科研費(直接、間接経費)の合計、縦軸は1998年から2008年の論文数の合計です。研究費と論文数の合算対象期間にずれがあるのですが、厳密な調査でもないので目をつむってください……(というのも国立大学法人化以降を対象としたためです)。単純に論文数を成果とすることには疑問もあると思うのですが、客観的かつ定量的な指針の一つにはなると思います。

グラフからわかるように、科研費論文数には強い相関関係にあることがわかります。ちなみに相関係数は0.984(!)というかなり高い数字となりました。今回使用したデータについては付録の方にまとめてあります。


運営費交付金+科研費論文数の関係

大学の研究予算はもちろん科研費以外もあります。国立大学法人の場合は運営費交付金が収入の大きな割合を占めているので、これを合算した場合の結果を次に示します。

f:id:ystt:20091122182105j:image

この場合も強い相関関係にあることがわかります(相関係数は0.964)。なお、国立大学法人の収入は運営費交付金以外にも学費や場合によっては付属病院からの収入等があるのですが、収入のうち運営費交付金が占める割合はどの大学の場合も50%以上はあるので、実態との大きなずれはそれほど生じてないと思います。


まとめ

一般に、相関関係が成り立っているからといって、同時に因果関係も成立すると考えるのは間違いなのですが、多少強引に予算と成果の間に何らかの因果関係が成立していると仮定するなら、1. 予算に応じて成果が上がっている 2. 成果に応じて予算が配分されている といった可能性が考えられると思います。もっとも、教員一人あたりの論文数がそれほど変わらないのなら、おおむね予算が教員数に応じて配分されていることを考慮すると、今回のような結果もあたりまえだと言えるのですが。今後(?)は教員数という第3の変数を考慮した方がよさそうです。


おまけ:運営費交付金と科研費の関係

おまけとして2009年度の運営費交付金と科研費の関係を示しておきます。

f:id:ystt:20091122182106j:image

こちらは相関係数0.954となりました。運営費交付金は教員数に応じて割り当てられていることを考えると、科研費もおおむね大学の規模に応じて支給されているようです。


追記

はてなブックマークのコメントでid:mobanamaさんがご指摘のように、ここでに示した結果はすべて大学を単位にしています。また、id:mbrさんの言うように、プロジェクトごとでの比較を行っても面白いかもしれませんね。個人的には、海外の場合はどのような関係になっているのかが非常に気になります。


付録:使用したデータ

科研費

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/15/04/03042301.pdf

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/08/04081601/020.pdf

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/17/08/05083006/005.htm

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/10/06092713/019.htm

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/10/07103003/008.pdf

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/01/27/1221391_5.pdf

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/24/1279326_08_1.pdf

運営費交付金

http://www.zendaikyo.or.jp/siryou/2009/04-09-koufukin-itiran.pdf

論文

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2004/ranking.html

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2005/ranking.html

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2006/ranking.html

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2007/ranking.html

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2008/ranking.html

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/esi2009/ranking.html

takytaky2009/11/24 01:56この分析、とても面白いです。
しかも(仮に因果関係があったとして)研究費と論文数は、比例にしかなっていないのですね。そこがさらに面白い。
ベキ乗やlogのオーダになってもいい気がしていたので。

ysttystt2009/11/25 08:39>id:takyさん

私も何らかの相関性はあるだろうなとは思っていたのですが、実際に調べてみてこれほど強い相関があることに驚きました。ちなみに本文には書いていませんが、医学部の有無が論文数に多少影響しているようで、医学部がない大学や、医学系以外の学部を持たない大学をのぞくと、相関係数はさらに大きくなります。

さらに詳しく調べてみると、色々と面白そうなことがわかりそうです。個人的には海外の場合はどうなっているのかが気になりますが。