Hatena::Grouphakase

Pauca sed matura (ysttの日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-06

よりどりみどりの博士号

| 09:51 | よりどりみどりの博士号 - Pauca sed matura (ysttの日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - よりどりみどりの博士号 - Pauca sed matura (ysttの日記) よりどりみどりの博士号 - Pauca sed matura (ysttの日記) のブックマークコメント

先日のエントリーで引用した夏目漱石の『職業と道楽』に次のような一節がありました。

虎列剌(コレラ)病博士とか腸窒扶斯(ちょうチフス)博士とか赤痢(せきり)博士とかもっと判然と領分を明らかにした方が善くはないかと思う。

この冗談とも本気ともつかない提言(?)ですが、周知の通り1991年の学位規則改正で現実のものとなってしまいました。

具体的にはWikipediaによれば、現時点で理工系61種、人文社会学系94種、医歯薬学・保健体育・農学系40種、教育・家政・芸術・学術系36種の合計231種類もの博士号が存在するようです。学位規則によると、専攻分野は大学により定められるので、今後さらに種類が増える可能性大です。

これはこれでわかりやすいのですが、ここまで増えると逆に細分化されすぎの感も否めないですね。何事も「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」ということでしょうか。

個人的には現在の「博士(hoge)」表記よりも、以前の「hoge博士」表記の方が格好がいいなあと思うのですが。(´・ω・`)