Hatena::Grouphakase

y4su0の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-30

よくわかる (かもしれない) 建築学 (追記あり)

23:08 | よくわかる (かもしれない) 建築学 (追記あり) - y4su0の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - よくわかる (かもしれない) 建築学 (追記あり) - y4su0の日記 よくわかる (かもしれない) 建築学 (追記あり) - y4su0の日記 のブックマークコメント

hakaseグループの趣旨からいって、なんか自分の専門に関することを書いた方がいいんだろうな、ということで、もともとの僕の専門だった建築学をざくっと紹介。

建築学はおおまかに次の3つの分野に分かれています。

  • 計画系 ---- 室配置などの平面計画、都市計画意匠建築史などに関する研究。
  • 構造系 ---- 鉄筋コンクリート構造などの各種構造や材料関連の研究。
  • 環境系 ---- 熱環境、空気環境、音環境、光環境などに関する研究。

日本建築学会が出版する学術雑誌である日本建築学論文集もこのジャンル分けに従って「日本建築学会計画系論文集」、「日本建築学会構造系論文集」、「日本建築学会環境系論文集」の3つに分かれています。また、大学の建築系専攻での研究もこの3分類がベースになっています。

計画系は建築学科における花形分野で、安藤忠雄*1隈研吾東大建築学科の教授やってたり、高松伸が京大の教授やってたり、と「スター教授」がいることも多いです。僕が学生だった時は、計画系の研究室は4回生研究室配属や大学院入試で人気が集中することが多く、「狭き門」になってました。多分、今もそうだと思います。

ちなみに海外で architecture というとこの分野を指し、engineering とは別物と考えられてます。また、architecture は多くの場合独立した学部で教えられています。

構造系は、純粋に構造計算をやる「構造力学」、各種材料で構成される構造物の構造計算について研究する「鉄骨構造」、「鉄筋コンクリート構造」、材料の力学的特性などについて研究する「建築材料」などの分野に細分されます。また、地震などに対抗するための耐震構造などの研究もこの分野。僕が学生時代に講義を受けた某教授によると、「機械とちがって動かないから、建築の構造力学は簡単」ということらしいです。

海外だと、建築構造力学は civil engineering (土木工学) の一部になってることが多いです。

環境系は、建物内外の熱、空気、音、照明、色彩などが研究テーマ。取り扱うテーマは、各種環境に対する人体の生理反応とか、省エネ住宅のための空調機器の最適制御問題とか、室内照明に対する心理評価とか、かなりバラエティに富んでいます。逆に言うと、あまり建築っぽくない分野でもあります。僕も照明や色彩に対する心理評価に関する研究をやってたんですが、「建築の先生に研究の話をしてもあまり受けないけど、認知心理の先生には受ける」、「研究のための参考文献を探すために、建築学科ではなく文学部の図書室に入り浸る」などの現象が起こっていました。

あと面白いのが、火災関連の研究も環境系に入るということ*2。火災の熱によって鉄筋コンクリートの柱が水蒸気爆発を起こす、みたいな現象の解析をやってたりします。昔、なぜ火災関連が環境系なんだろう、と思って知ってる先生に聞いてみたところ、「温度差の桁が2つぐらい違うけど、現象としては、空調時の壁体内の伝熱と同じだから」という話でした。

海外だと、building science と呼ばれていて、建築学部の一部という扱いになってることが多いようです。

さて。日本の大学の建築系学科の場合、建築士試験の受験資格との絡みもあって、計画系、構造系、環境系のそれぞれについて、バランスよく履修することが求められます。「デザインやりたいから」という理由で建築学科に入ったとしても、基本的な構造計算ぐらいはやらないといけないということです。

また、研究レベルでも、例えばコンクリート内部の熱水分移動*3に関する研究で構造系と環境系の両方の知識が必要になる、みたいなことが起こります。

というわけで、院生時代からあまり建築っぽくない研究を続けた挙句、建築とは関係のない職場に転職してしまった僕のような人間でも、一応図面は描けるんだぜ、というお話でした。

(以下、追記)

はてなブックマークのコメントより。

iroiroattena 学問 施工に関して含まれて無いのが面白い。全て机上論。まあ"学"の話だから当然か。施工管理不足で品質を落とさないようにくれぐれもよろしくね。 2009/05/01

施工のことを書いてませんでしたが、施工関連の研究は構造系になります。品質管理や新工法の開発などを扱います。大学の建築学科の出番はほとんどなくて、ゼネコンの研究所ががんばってる分野でもあります。

ということで、納得していただけたでしょうか? >id:iroiroattena

*1:2003年に定年

*2:やってる大学はそれほど多くないみたいだけど

*3酸性雨によるコンクリートの中性化で問題になる